外壁塗装なら日野市、八王子市や多摩市遠山塗装までお気楽にご連絡下さい。職人の求人募集もしてますので採用情報をご覧下さい。

メールでのお問い合わせ

遠山ブログBLOG

外壁の塗り替えをするタイミングは見て触れて

一戸建ての住居を所有している人にとってついて回るのは家のメンテナンスです。

 

特に外壁の塗装に関しては10年に1回程度のメンテナンスは必要になります。

 

外壁塗装がはがれたり汚れていたりすると見た目に非常に印象が悪くなり世間体もあるので、塗り直しを検討する必要があります。

 

実際に外壁塗装の塗り直しを検討する時期というのが素人には悩ましいところです。

簡単に判断するとすれば、

  ・ 外壁を触った時に手に粉がつく
  ・ 壁の継ぎ目に隙間ができている
  ・ 外壁に細かいビビが出来てきている
  ・ 網戸や鉄部に白い粉状のものがつきだしている
  ・ 屋根にカビやコケがはえだしてきている

といった部分が出てくれば塗装のやり直しを検討すべきです。

これらの事象を放置しておくと、外壁のひび割れ等の隙間から雨水が浸入して内部の木材を腐らせたり

 

カビが大量に発生したりする危険性や、屋根の部分であれば、屋内への雨漏りの原因になったりして、家屋全体を腐らせてしまいその修理には多額の費用がかかってしまう場合があります。

とくに外壁のヒビに関しては、縦や横に入るヒビ以上に、斜めに入るヒビには注意が必要です。

 

斜めにヒビが入る場合は建物の基礎自体が傾いていっている場合もあるので、この点については専門的知識を有する工務店または外壁業者に十分に点検をしてもらう必要があります。

外壁の塗装はついつい放置しがちですが、そこから建物全体への悪影響が出ることがあるので定期的にしっかりとメンテナンスすることが大切です。

 

多摩市や八王子市、日野市の地域密着でご対応しております。

 

PAGE TOP